1: ジャンピングパワーボム(catv?)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 09:18:24.35 ID:EOjPg0Ih0.net
03

BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/folder1_04.gif
http://o.aolcdn.com/hss/storage/midas/d7f2bd54027572b728d255014ee6fda7/200815592/001.jpg


ジャガーは、新型スポーツ・サルーン「XE」に採用する新開発の4気筒ディーゼル「INGENIUM(インジニウム)」エンジンの概要を発表した。
これを搭載したXEは、燃費75mpg(約26.5km/L)を達成したという(写真はV6ガソリンを積む高性能版の「XE S」)。

このエンジンの名称となった「INGENIUM(インジニウム)」という言葉は、「先天的な才能」という意味のラテン語で、そこから派生して
「賢い発明品」を意味するようになったと言われている。さらに言えば、英語の「engine(エンジン)」の語源となった言葉だ。
白紙から自社で設計・開発したというジャガーの自信の程が窺えるネーミングと言えるだろう。生産もジャガーの本国イギリスの
ウェスト・ミッドランズ州ウルヴァーハンプトンに総工費5億ポンド(約891億円)を掛けて新設された工場で行われる。

このオール・アルミニウム製エンジンは、徹底的に内部摩擦を抑えるように設計され、振動を抑えるためにツイン・バランサーシャフトが
組み込まれているという。インジェクターを切り離し、噴射ポンプのドライブ・スプロケットを0.5mmの楕円形にすることで、静粛性も向上したそうだ。

http://o.aolcdn.com/hss/storage/midas/7916a6cc3411d71ecbfe6b9cd4f345e6/200815591/003.jpg

新型XEには、排気量は同じ2.0リッターながらチューニングの異なる2種類のインジニウム・エンジンが用意される。最高出力163ps、最大トルク380Nm(38.8kgm)を
発生するユニットは、75mpg(約26.5km/L)という低燃費を達成し、CO2排出量も99g/kmに抑えられているという。日本とは計測基準が異なるので欧州で
公開されているデータと比較してみれば、燃費は2気筒の「フィアット500 TwinAir」並み、CO2排出量は1.0リッターの「トヨタ iQ」と変わらない、ということになる。
http://jp.autoblog.com/2014/09/25/jaguar-ingenium-engine-powering-the-new-xe/