1: スターダストプレス(芋)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 23:02:32.48 ID:Rx8nRycV0.net BE:597584361-
01

PLT(13345) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/folder1_04.gif
http://img.response.jp/imgs/thumb_h/760712.jpg

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは9月15日、欧州向けの『トゥアレグ』に、新ディーゼルエンジンを搭載すると発表した。

初代トゥアレグは2002年、フォルクスワーゲンブランドの最上級SUVとして誕生。ポルシェ『カイエン』とは、車台を共用する兄弟車。
2010年春、ジュネーブモーターショー10では、現行の2世代目モデルが登場。

2014年春、北京モーターショー14では、2014年モデルがワールドプレミア。現行型のデビューから4年を経て、初の大幅改良が
施されたモデルで、内外装の変更や安全面の充実などが図られた。

外観はヘッドライトを大型化し、バイキセノンを全車に標準装備。グリルもクロームバーの本数を、2本から4本へ増やした新デザインとした。
バンパーも新形状。リアは新デザインのバンパー採用や、リアフォグランプの配置変更を行う。18インチと20インチのアルミホイールも新しい。

室内は、エアコンの操作スイッチなどをロータリーダイヤル方式に改めるなど、操作性を向上。ステアリングホイールにも、操作スイッチを追加した。
各部にクロームの装飾を施し、質感を引き上げる。ウッドやレザーに関しては、素材や色が見直された。

今回、欧州仕様のトゥアレグに、新ディーゼルエンジンを搭載。新開発の3.0リットルV型6気筒ターボディーゼル「3.0TDI」は、最大出力が262psと、
従来比で17psパワーアップ。それでいて、欧州複合モード燃費は15.15km/リットルと、従来比で9%引き上げている。
http://response.jp/article/2014/09/30/233750.html
http://img.response.jp/imgs/zoom/760714.jpg
http://img.response.jp/imgs/zoom/760715.jpg