1: メンマ(catv?)@\(^o^)/ 2014/08/20(水) 19:12:06.23 ID:BjBKjWU/0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
01

sssp://img.2ch.sc/ico/folder1_04.gif
http://img.response.jp/imgs/thumb_h/738179.jpg

◆90%近いミラージュのカタログ燃費達成率は本物か

それが「カタログ燃費達成率」だ。これは文字通りカタログに記載されている燃費データに対し、ユーザーが実走行して得られた平均燃費の達成率を見るものだ。
単純にカタログ数値だけが良くても実走行燃費が悪ければ意味がない。実用燃費とこの数値こそが指標として役立つわけだ。

そこで思わず目を奪われたのが三菱『ミラージュ』である。このクルマ、最近まで登録車における自然吸気エンジンとしてはクラストップとなる27.2km/リットルという数値を誇っていた。
カタログ数値はもちろんだが、前述した実用燃費を見て驚いた。何と閲覧時の平均燃費は20.52km/リットル、カタログ燃費達成率は88.45%と軽自動車に迫る高い実用燃費を達成している。
この数字を見て、正直言えば意外…(失礼)な部分はあった。そこで今回、特別なデバイス(過給器や電気系)を持たず高いカタログ燃費を持つホンダ『N-WGN』(29.2km/リットル)と
そのミラージュからクラス中でカタログ燃費トップの座を奪取したトヨタ『パッソ』(27.6km/リットル)の3台を一般道から高速道まで300km以上走り、その実力を探ってみた。


◆満タン法での試乗燃費はミラージュに軍配

最後に気になる燃費だが、今回特にワインディングで(かなり)元気に走ったこと、炎天下での試乗だったことでエアコンはフル稼働など条件は正直悪かった。
それでも満タン法でミラージュは21.68km/リットル、N-WGNは19.39km/リットルと高水準だった。

軽自動車の利点と言えば維持費の安さと燃費の良さだが、N-WGNが登録車に限りなく近づいているクルマなのに対し、ミラージュは燃費、取り回し性能など良い意味で
軽自動車に近い登録車、何よりもミラージュには5名乗車が可能なひと回り大きなボディがもたらす余裕がある。実は両カテゴリーの“いいとこ取り”をした狙い目車種とも言えるのである。
http://response.jp/article/2014/08/20/230343.html