1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です 2015/02/23(月) 22:17:55.29 ID:EHowMh820.net BE:288887143-PLT(42051) ポイント特典
01

sssp://img.2ch.sc/ico/pgya.gif
【総合燃費】

マツダ デミオ XDツーリング Lパッケージ(6速AT)/22.4km/L
トヨタ アクアS(初期モデル)/26.3km/L
ホンダ フィットハイブリッド Fパッケージ/26.1km/L
マツダ デミオ13S Lパッケージ(6速AT)/18.9km/L

デミオディーゼルは、アクアに対しては若干、そしてフィットハイブリッド相手では絶望的にユーティリティ面で
は劣ってしまう。そして、前頁で記載した通りATではスピードが上がらないと上位のギアに入らず、
燃費が伸び切らないという弱点があるのは事実だ。

だが、逆に言えばこの2つを除けば動力性能の高さ、高速走行における燃費の良さ、
全体的なクオリティの高さといった強烈なアドバンテージを備えている。それだけに、
デミオディーゼルが「欲しい」という方に対しては「すぐに買いに行った方がいいですよ」と勧められる。

また、興味がある方やアクアやフィットハイブリッドを検討している方に対しても、
「せめて、ディーラーで実車確認と試乗だけはした方がいい。デミオディーゼルを知らなかったということだけはもったいない」
とアドバイスしたい程の魅力を備えているコンパクトカーだ。

その魅力は、世界中のコンパクトカーのベンチマークとなっている「VW ポロ」と比べても、
デミオディーゼルは「価格まで含んだ総合力で見れば勝っている」と言えば分って頂けるだろうか。

その魅力を裏付けるべく、損得勘定を計算してみよう。
まず、燃料コストをレギュラーガソリン 1リッターあたり「134円」、軽油は「114円」として総合燃費で計算すると、
1万kmあたりのガソリン代はアクア、フィットハイブリッド、デミオディーゼルとも「約5万2,000円」である。
つまり、マツダの「クリーンディーゼルはハイブリッドに対して燃費で若干劣っても、軽油の安さで
燃料コストは互角に持ち込める」という主張は見事に実証されたことになる。

続く
全文(高速道路、郊外走行時、町乗り燃費を知りたい人は)はソース元へ http://autoc-one.jp/nenpi/2077567/