01

1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2015/03/21(土)13:35:11 ID:???
トヨタは現在、独BMWと新型スポーツカーを共同開発中だが、
トヨタ側の車名は「スープラ」でほぼ間違いないことがわかった。

今回、トヨタヨーロッパの副社長で製品企画部門の責任者であるKarl Schlicht氏が
某メディアに明らかにしたことによると、BMWと共同開発中の新型スポーツカーは、
トヨタが現在世界展開している唯一のスポーツカー「86」よりグレードが高いモデルとして
ラインナップされるという。

つまり、新型スポーツカーは86と取り換えられるものではなく、
別の新しい車種として投入され、86はそのまま販売を継続することになるという。

Schlicht氏は「スープラ」の車名には直接言及しなかったようだが、
新型スポーツカーに「86」の車名を使用せず、しかも86の上に位置する
“ハイエンドスポーツカー”として投入するというのなら、巷で噂になっている
「スープラ」の名前がふさわしいと考えられる。

別の候補としては、スープラの前身である「セリカ」があるが、セリカの車体サイズは
86と同じ全長4200mm台で、小型スポーツカーという位置づけだった。
しかし、新型スポーツカーの車体サイズは、2014年北米国際自動車ショーで発表された
スポーツカーのスタディコンセプトカー「TOYOTA FT-1」の全長4600mmに近いとされており、
86およびセリカのような小型スポーツカーにはならないと予想されている。

そうなると、必然的に4600mmの車体サイズを誇った「スープラ」しか考えられないということになる。


次期スープラのコンセプトカー「TOYOTA FT-1」
http://i.imgur.com/SV2DkU8.jpg

http://jp.autoworldnews.com/articles/7638/20150321/toyota.htm