08

1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2015/03/21(土)13:42:49 ID:???
スズキは軽自動車『アルト』の派生モデルとなる
スポーツグレード『アルト ターボRS』を2015年3月11日より発売した。

最高出力47kW(64ps)/最大トルク98Nmのターボエンジンに専用チューニングの
サスペンションやブレーキ、専用フロントシートなどを採用するスポーティなモデルだ。

しかし、トランスミッションにMTの設定はなく、
すべてがロボタイズドMTであるAGS(オートギヤシフト)となった。

なぜ、スポーツグレードにも関わらずMTを設定しなかったのか? 

その疑問をアルト・シリーズの製品企画を担当するスズキの第一カーライン製品企画係長の
伊藤二三男氏にたずねてみた。

「最初からアルトにRSグレードを設定しようとは考えていませんでした。
ただ、軽い車体にターボエンジン、それにAGSを組み合わせれば面白いクルマが
できそうだということから企画がスタートしました」と伊藤氏。

つまりアルト ターボRSは、AGSありきで企画がスタートしたというのだ。

http://i.imgur.com/VTmn0Oe.jpg

http://response.jp/article/2015/03/20/247095.html